京友禅証紙

TOP > 京友禅証紙

京友禅証紙とは

京友禅証紙


「京友禅」証紙は、 友禅染の技法を用いて染められた商品が、"京都産"である証として、制作者の責任の下に貼付するものです。

京友禅証紙Q&A
  1. 京友禅証紙はどのような商品に貼付されるのですか?
  2. 京友禅証紙はなぜ貼付されるのですか?
  3. 京友禅証紙の発行元は?
  4. 京友禅証紙は誰が貼付するのですか?
京友禅証紙はどのような商品に貼付されるのですか?
貼付対象品は、友禅染とし、次の全項目に該当するものとします。

(1)対象品は、原則として和装品としますが、洋装品、インテリア用品等も対象とすることができます。但し、協議会の承認を得なければなりません。
(2)素材は、国産・外国産にかかわらず原則として絹織物とします。なお、協議会が認めた場合はこの限りではありません。
(3)対象品は、京友禅協同組合連合会加盟組合傘下の組合員によって制作されたものとします。
(4)制作に掛かる主たる工程が京都地区内で行われていることとします。
(5)他産地及び国外で加工が行われているものは対象外とします。(京友禅証紙発行規則 第5条より)
京友禅証紙はなぜ貼付されるのですか?
「京友禅」証紙は、友禅染の技法を用いて京都で染められた商品に証紙が貼付されますので、消費者が商品を購入する際、その商品が京都産であることが一目瞭然となります。また、生産・流通に関わる業者にとっては、改めて「京友禅」の認知度を高めるきっかけとなり、国内他産地はもとより外国製品との差別化を図ることが可能になります。
京友禅証紙の発行元は?
京都の生産・流通団体により平成17年に設立された京友禅振興協議会の管理下で発行され、制作責任者によって貼付されます。
<京友禅振興協議会 会員団体>
・京友禅協同組合連合会
・京都織物卸商業組合
・京染卸商業組合
・西陣織物産地問屋協同組合
京友禅証紙は誰が貼付するのですか?
京友禅協同組合連合会傘下組合加盟の染工場が責任を持って貼付します。また制作者を管理するために、証紙に証紙番号(連番)が表示されます。
京友禅振興協議会  設立趣意書

江戸時代前期、宮崎友禅斎によって、爛熟した時代に時機を得た意匠と優れた染織方法とにより、一世を風靡した「友禅染」は、日本の風土と日本人の繊細な美意識に支えられ、時代毎の文化と技術を絶え間なく取り入れ今日に至っています。

取り分け、明治期、新たな需要と先進諸外国の新しい意匠や技術の導入によって、飛躍的な発展を遂げた「近代友禅染」は、世界に類を 見ない我が国の誇るべき文化であり、その中核たる「京友禅」は、日本は言うに及ばず世界に多大な影響を与えてきました。 しかしながら、戦後、爆発的な需要拡大により、昭和46年には年間総生産量1,650万反まで達した京友禅も、ライフスタイルの変化により 平成15年には84万反までに減少し、後継者問題等長年に亘り培われた技術の継承も困難な状況を迎えています。特に昨今、国際化、情報化 の劇的な伸展によって、日本文化・京都の技術を如何に守り継承すべきかの瀬戸際に立たされています。

経済の国際化は避けられないものとは言え、日本固有の文化の維持発展に心血を注ぎ可能な限りの努力を行うことも又、今の時代に生きる我々業界人の責務と言えましょう。
ここに京友禅に関わる商工業界が一丸となって、京友禅の振興と発展を期するために「京友禅振興協議会」を創設し、京友禅の優秀性を 広く一般に知らしめ、共に力を合わせて京友禅の振興に尽くさんとするものであります。日本文化ときものを愛する多くの皆様の絶大なるご支援ご協力を賜らんことを衷心より願うものです。